筑西市「道の駅」基本構想(案)(15.11.25更新)

スケジュール予定

今年度は、基本構想でとりまとめた内容に基づき、基本計画を策定していきます。来年度以降については、測量、設計、各種調査、関係機関との協議などを進め、計画の実現に向けた具体化を進めていく予定です。

年度 施設整備 管理運営体制
平成27年度 ○基本構想・基本計画の策定
平成28年度 ○現況測量・地質調査
○建築基本設計
○用地調査、土地評価等
○運営体制の検討・準備  
平成29年度 ○建築実施設計
○用地買収手続き
○工事着手(造成)
○運営体制の検討・構築・準備
○出荷社組合の設立準備 
平成30年度 ○工事(造成、建築等) ○運営体制の構築
○出荷社組合の設立
○生産者、出店者選定
平成31年度 ○工事完成(造成、建築等) ○開業準備
平成32年度 ○道の駅開業予定  

※スケジュールは調査等の結果によって変動する可能性があります。

 

候補エリアの比較表

項目 候補エリアA 候補エリアB 候補エリアC 候補エリアD
筑西市栗島 筑西市灰塚 筑西市中舘 筑西市川澄
安全性 浸水による影響 ・設備時に施す盛土により浸水の影響はない(浸水想定0.5m未満) ・整備時に施す盛土により浸水の影響はない(浸水想定0.5m未満) ・浸水の影響はない(浸水想定区域街) ・整備時に施す盛土により浸水の影響はない(浸水想定0.5m〜2.0m未満)
制約条件とコスト ①法規制 ・市街化調整区域 ・市街化調整区域 ・市街化調整区域 ・市街化調整区域
・農振農用地区域からの除外要 ・農振農用地区域からの除外要 ・農振農用地区域からの除外要 ・農振農用地区域からの除外要
②インフラ整備状況 ・水道:整備済み ・水道:一部未整備 ・水道:整備済み ・水道:整備済み
・下水道:未整備 ・下水道:未整備 ・下水道:近傍地まで整備済み ・下水道:近傍地まで整備済み
まち全体への波及効果 都市マスタープランにおけるまちづくり方針との整合性 ・とくに位置付けなし ・とくに位置付けなし ・とくに位置付けなし 【竹島地区】「複合産業拠点」と位置付け⇒年拠点の活力向上を促進する新たな機能導入
集客性 ①交通量 ・国道50号BP:12,600台/日 ・国道50号BP:12,600台/日 ・国道50号BP:12,600台/日 ・国道50号BP:12,600台/日
・国道294号:17,523台/日
②市内各地区からの行きやすさ ・市内各地区からのアクセスが比較的容易 ・市内各地区からのアクセスが比較的容易 ・市内各地区からのアクセスが比較的容易 ・市内各地区からのアクセスが比較的容易
③類似施設による影響 ・50号沿線近傍に類似施設なし ・50号沿線近傍に類似移設なし ・294号沿線に類似施設が立地●道の駅にのみや:約5.0km●道の駅しもつま:約12.5km●きらいち筑西店:約5.0km ・50号沿線近傍に類似施設なし
敷地の魅力度 ①50号バイパスからの敷地内への入りやすさ ・立体交差であり、一度側道に下りてアクセスすることが必要 ・立体交差であり、一度側道に下りてアクセスすることが必要 ・立体交差であり、一度側道に下りてアクセスすることが必要 ・平面交差点であり、アクセスが容易
・信号交差点は1ヶ所のみ ・信号交差点は1ヶ所のみ ・下り方面はさらに294号を経由する必要あり ・信号交差点が2ヶ所あり、アクセスが容易
②眺望・景観(滞在性) ・筑波山方向の眺望が確保でき、田園景観を活かしやすい ・筑波山方向の眺望が確保でき、田園景観を活かしやすい ・筑波山方向に市街地が広がり、田園景観を活かしづらい ・筑波山方向の眺望が確保でき、田園景観を活かしやすい
・日光連山を望むことが可能
③付加価値等 ・真岡鐡道が通り、SLの走行が見られる(土日祝限定、1日2本のみ運行)

平成27年9月議会報告(15.10.7更新)

スピカ改修費決定

第一回の入札は不調に終わり、第二回の入札の結果、9月2日の議会初日に全員賛成で決まりました。

26年度の決算が認定されました

  収入 支出
一般会計 43,833,194,465 41,569,114,481
特別会計    
国民健康保険 13,258,772,368 12,823,100,605
後期高齢者医療 1,867,828,362 1,864,034,104
公共下水道 2,337,046,020 2,251,959,176
農業集落排水 962,018,100 946,438,797
八丁台土地区画整理 281,316,051 262,230,472
駐車場 62,471,570 58,994,163
介護保険 7,967,168,513 7,490,811,385
介護サービス 90,080,169 81,148,844
企業会計    
水道 2,247,404,356 1,963,063,458
病院 1,777,018,475 1,747,715,101
総合計 74,684,318,449 71,058,610,586
(市民病院は一般会計より7億円余円繰越)

主な事業

●医師修学資金貸与事業
●筑西市誕生10周年記念式典
●本庁舎、協和庁舎耐震補強工事
●旧市民会館解体事業
●はぐくみ医療支給事業(全ての妊産婦と中学3年生までに拡大)



地域医療再生計画による新中核病院は、独立行政法人(非公務員型)で運営されます。その理事長・病院長に、水谷太郎氏(筑波大附属病院副院長)梶井英治氏(自治医科大学地域医療学センター長)の就任が決まりました。平成30年10月開院を目指しています。 9月議会は2日から25日までの予定で開催されましたが、10日未明の大雨による鬼怒川の氾濫で、10日と11日一般質問と議案質疑は中止となりました。



9日に一般質問をしました。

ふじ川ねねの質問
●市長の政治姿勢・市民目線の行政を
●持続可能な病院経営について
●公衆トイレの管理について
●公園・桜堤の樹木管理について
●動物の愛護について

何故、新中核病院が必要なのか

順位 医療圏 医師 看護師 薬剤師
10万人に対して 10万人に対して 10万人に対して
ワースト1位 筑西・下妻 65.3人 253.5人 17.2人
ワースト2位 鹿行 68.6人 258.6人 18人
ワースト3位 常陸太田・ひたちなか 70.8人 277.5人 20人
参考 県平均 131.2人 459人 31.1人
全国平均 164.4人 594.3人 36.3人
筑西・下妻医療圏は、医師・看護師・薬剤師不足が明らかです。
医療人材の集まる病院が必要です。

今までに決まったこと

1)病床数 250床
2)建設場所 葉酸地区の筑西完成道路沿い
3)経営形態 独立行政法人(非公務員型)
4)国の基金(25億円)は新中核病院に当てる
5)整備事業の予算
平成27年 1億2,392万3,000円
平成28年 14億9,906万3,000円
平成29年 45億6,862万2,000円
平成30年 105万8,412円
計72億5,000万円
(但し、この計算は平成23年の試算で、実現にはもっと必要になるとの議論がありました)
市単独の負担がいくらになるのかが、これからの課題です。

スピカビル本庁舎等改修工事について

入札結果(H27.5.25)

工事名称 筑西市スピカビル本庁舎等改修工事

契約方式 一般競争入札(電子・JV)
予定価格 税抜1,379,540,000円(税込1,489,903,200円)
入札価格 税抜1,650,000,000円(税込1,782,000,000円)
入札参加業者 前田・粉薬特定建設工事共同企業体
入札結果 予定価格超過のため不調

スピカビル本庁舎改修工事

今年5月25日入札のこの工事は、参加業者1社で、予定価格を大幅に上回る金額だったので不調となりました。
その大きな原因は 、設計価格と実勢価格の差が大きかったことです。 再入札への取り組みについて グレードの見直しをしましたが、元々過剰な見積もりはしていなかったので、大幅な減額にはなりませんでした。実勢価格のと差がある項目は見直しをせざるを得ませんでした。 その結果 増額補正となり7月30日の臨時議会で全員賛成で可決されました。
平成29年1月に工事が完了し、2月に移転の予定です。

平成27年度第2回定例会(6月議会)開催

特別職・議員報酬の改正案が出されました

2年前から議会改革のための勉強会を重ね、その中で議員報酬が全国10万人市の中で最下位であることが分かり、協議の結果、報酬議会の答申通りの額とし、見直し案を4月以後の議会で審議することが全員賛成で決まっていました。

県内の市の報酬一覧

市議会 人口 定数 議員報酬 市長報酬 政務活動費
水戸市 272825 28 590,000円 860000 1080000
日立市 188738 28 510,000円 957900 540000
ひたちなか市 156480 25 470,000円 963000 540000
土浦市 145038 28 467,000円 677600 300000
つくば市 219331 28 447,000円 463500 360000
取手市 109440 26 411,000円 876000 100000
常総市 65500 22 400,000円 435000 120000
笠間市 78704 22 400,000円 720000 300000
古河市 145394 24 400,000円 970000 300000
龍ケ崎市 79163 22 398,000円 834000 50000
常陸太田市 55871 20 395,000円 840000 180000
北茨城市 40209 20 391,000円 870000 120000
牛久市 83000 22 390,000円 880000 90000
坂東市 56680 20 385,000円 729000 120000
石岡市 78537 22 382,000円 704000 150000
高萩市 30594 16 375,000円 760500 120000
下妻市 43141 20 370,000円 747000 60000
守谷市 64558 20 367,000円 800000 120000
結城市 52826 18 361,000円 810000 120000
稲敷市 44535 20 360,000円 624000  
常陸大宮市 44935 20 350,000円 656000  
那珂市 55859 22 345,000円 756000 240000
鹿嶋市 68106 14 342,000円 836000  
神栖市 94381 23 330,000円 820000  
筑西市 105117 24 312,000円 720000 240000
小美玉市 53022 22 296,000円 856000  
桜川市 45302 18 293,000円 834000  
鉾田市 51150 22 280,000円 745000  
つくばみらい市 48489 18 278,000円 518000 120000
かすみがうら市 43746 16 269,000円 389500 150000
潮来市 29258 18 259,000円 784000  
行方市 37485 20 249,000円 542000  
平均   21.75 371,000円 749400 240000

特別職

区分 条例の額 現行 改正案
市長 957,000 720,000 813,000
副市長 775,000 658,000 697,000
教育長 703,000 597,000 632,000

★特別職の給料は、平成17年12月に5% 19年4月に市長15%、副市長・教育長10% 21年5月に市長25% 副市長・教育長15%減らしました。

議員報酬

職名 現行(合併後) 改正案 旧下館 旧3町
議長 367,000 403,000 430,000 333,000
副議長 332,000 365,000 395,000 286,000
議員 312,000 343,000 375,000 276,000

★合併時の議員報酬総数を77名の議員数で割った数字で決まりました。

平成27年度第2回(6月)議会定例会開催

6月3日(水)より18日(木)迄

一般質問に17名(4日間)が通告し、質問しました。
常任委員会も、誰でも傍聴できるように1日1委員会(3日間)開催となり、総務委員会では、市長、副市長、教育長、議員の報酬見直し(値上げ)議案と、新中核病院の予算審議があり、多くの傍聴者がありました。
議案質疑では、マイナンバー制度の安全性についての質問がありました。
◎個人番号は、10月より各人に送付され、希望者には来年1月より登録受付が始まります(無料)

新中核病院について

現在、第一回(3月27日)第二回(5月27日)「筑西・桜川地域公立病院等再編整備協議会」が開かれ、協議中です。

今までに決まった事
病院名  経営形態  病床数  場所  予算
新中核病院 独立行政法人(非公務員型) 250床  養蚕地区内の筑西幹線道路沿い 75億円(地域医療再生基金25億円含む)
桜川市立病院 指定管理者制度  120床  桜川・筑西インターチェンジに近い長方準工業地域から高森地区周辺  55億円
※新中核病院の建設資金75億円は平成23年度の計算で、現在では足りないといわれています。
スピカビル本庁舎等改修工事
5月25日に入札がありましたが、予定価格より約3億円高い落札で不調になりました。現在見直し中です。

新中核病院工程表(案)

平成27年度第2回(6月)議会定例会開催

6月3日(水)より18日(木)迄

一般質問に17名(4日間)が通告し、質問しました。
常任委員会も、誰でも傍聴できるように1日1委員会(3日間)開催となり、総務委員会では、市長、副市長、教育長、議員の報酬見直し(値上げ)議案と、新中核病院の予算審議があり、多くの傍聴者がありました。
議案質疑では、マイナンバー制度の安全性についての質問がありました。
◎個人番号は、10月より各人に送付され、希望者には来年1月より登録受付が始まります(無料)

5月19日に臨時議会が開かれました。

統一選挙後初めての議会です。

議長、副議長が選挙により選ばれました。
議長選挙結果
箱森茂樹議員が7票獲得し、次点と1票差で選ばれました
副議長選挙結果
真次洋行議員が次点と4票差で選ばれました。
任期は2年です。

速報!新中核病院

具体的な第一歩が踏み出されました。

「筑西・桜川地域公立病院等再編整備推進協議会」が下記のメンバーで発足し、3月27日に
第一回会議が開かれました。

関係機関等名
筑波大学附属病院 城西大学 筑西市議会議長
日本医科大学 真壁医師会 桜川市議会議長
自治医科大学附属病院 筑西市民病院 茨城県保健福祉部
東京医科大学茨城医療センター 県西総合病院 茨城県筑西保健所
千葉大学大学院医学研究院 山王病院 筑西市町
茨城県医療改革担当 協和中央病院 桜川市長

次回5月27日には、病床規模・機能分担・設置場所・経営形態等が話し合われる予定です。 7月中には「新中核病院の基本構想」「桜川市立病院の基本構想」がパブリックコメントを実施し、最終的な全体承認がなされます。

スケジュール(平成27年度)

平成27年度の予算が決まりました

一般会計 39,300,000
特別会計 29,044,544
国民健康保険 14,982,111
後期高齢者医療 1,884,256
公共下水道事業 2,321,421
農業集落排水事業 1,143,592
八丁台土地区画整理事業 311,897
駐車場事業 45,620
介護保険 8,377,168
介護サービス事業 68,497
合計 68,344,544
公共企業会計
水道事業会計 3,260,272
収益 2,047,494
資産 1,212,778
病院事業会計 1,893,506
収益 1,840,956
資産 52,550
合計 5,153,778

平成27年度の最優先事業

スピカビル本庁舎改修事業

8億5,125万円

※駐車場は利用しやすいように整備され、照明も明るくなりました。
※今年度は内部の改修に入ります。

企業立地促進事業

3,365万円

※働く場所の確保のため、幅広い企業の誘致に努力します。

地域子ども・子育て支援事業

3億1,427万円

※子どもを産み、育てやすい筑西市にするために

はぐくみ医療費支給経費

6,579万円

※現在の中学3年生までの医療費助成を、10月から高校3年生までに拡大します。

小中一貫教育推進事業

46万円

平成26年度に全中学校区毎に教育地域懇談会を開催し、多くの市民の声を聴かせていただきました。
それに基づいて今年度は具体的な検討に入ります。

にぎわいのある筑西市に

道の駅

50号線沿いに予定

プレミアム商品券

地域消費の喚起、生活支援のために

学校給食センター

1日7,000食(3献立)
下館・関城・協和地区分を作ります。

小中学校の耐震補強

27年度ですべて完了します。

議会報告
活動報告
プロフィール
お約束
上へ